KUOTA KEBEL 2012組み立てNo.1 フロントフォーク、コラム、ステム組み付け

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

以前に、ヤフオクで落札していたKUOTA KEBEL 2012年モデルのフレームを組み立て始めました。

まずは、フロントフォークがセットしてあったので、一度抜いて重さを測ってみました。

ベアリングなどの状態がわからなくなってはいけないので、念のためバラす前に写真を撮影します。

下側はベアリングだけです。

シールドベアリング、キャップなど。

フレーム単体で重量測定。

フレームのみで1.1kgでした。

次にフロントフォークの重さを測定

約300グラムでした。

プレッシャーアンカーはDixnaのカーボンアンカーナットを使用しました。

 

DIXNA(ディズナ) カーボンアンカーナット
ディズナ(DIXNA)
売り上げランキング: 17,096
 
グリスはSHIMANOのプレミアムグリスを使用しました。
 
 
シマノ プレミアムグリス チューブ入り 100g Y04110200
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 477
まずは下側のベアリングを装着。
 
続いて上側のベアリングを装着
 
 
次に、センタースリーブ、スペーサーを入れます。
 
次にダストキャップをはめ込みます。
 
 
フォークコラムの中にアンカーナットを入れるのですが、フレームを購入した時に、出品者の方が親切にファイバーグリップを付けてくれていたので、これをアンカーナットに塗ってフォークコラムに差し込みました。
 
 
アンカーナットを固定します。トルクレンチで5Nmで締めました。
 
 
計算上ではスペーサーを一枚入れるだけでよかったのですが、トップキャップを締めていってもフォークが安定する気配がなかったので、バラしてみるとトップキャップのテーパー状になった部分がカーボンアンカーナットの上の面に干渉して持ち上がった状態になっていました。
 
それで、もう一枚スペーサーを上側に入れました。
 
 
初めての組み立てなので緊張しました。
 
ネットで組み立て方を検索したり、ロードバイクの修理と整備 (ヤエスメディアムック)の本を参考にしました。
 
 
 
 
お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です