Windowsクリーンインストールをしていたら、オレンジ色のエラー画面になりました。

お勧め記事
お勧め記事とスポンサーリンク

Windows

昨日、zotacのGF9300-D-Eで組んでいるパソコンにWindows10をクリーンインストールを行なっていた時に、画面がオレンジ色で、縦に白い線がいっぱい入っているエラー画面になりました。

Windowsで有名なのは画面がブルーになるエラー画面、「ブルースクリーン」が有名ですが、オレンジのこのような画面は初めてでした。

ネットで検索すると、海外のサイトの事例しか出てこなかったのですが、オレンジスクリーンと表示されていました。

さらに、ニンテンドースイッチでエラー画面として、オレンジの色のエラー画面、オレンジスクリーンという事象があるようです。

PCでもオレンジスクリーンは発生しているようで、同じ画面の写真も見つける事ができました。

この画面が発生するタイミングは、インストールイメージを入れたUSBから起動して、最初にWindowsマークが出た後に、すぐこのようなオレンジの画面になり、そこから先に進みませんでした。

リターンキーを押すと、一瞬だけウィンドウズマークが表示されますが、またこのオレンジの画面が表示されて一向に先に進みません。

諦めようとしたところ、一つ思いついたことをやってみました。

それはマザーボードのCMOSクリアです。

マザーボードの電池を抜いてまた挿すことによってCMOSクリアを実行できます。

CMOSクリアをすることにより、一度CMOS上のすべての情報を消去し、BIOSを再構築する事ができるようです。

これによって不具合が解消したのか、この後、無事Windows10をインストールする事ができました。

今回は、オレンジスクリーンを初めて体験して、少し焦りましたが、落ち着いて対処して、トラブルを解決できてよかったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました