FUJIFILMからボディ内手ぶれ補正内蔵のハイエンドミラーレス「FUJIFILM X-H2S」が発売されます。

お勧め記事
お勧め記事とスポンサーリンク

カメラ

FUJIFILMからボディ内手ぶれ補正内蔵のハイエンドミラーレス「FUJIFILM X-H2S」が発売されます。

発売日は2022年7月14日になるようです。

イメージセンサーは現行比約4倍の信号読み出し速度の裏面照射積層型約2616万画素「X-Trans™ CMOS 5 HS」センサーとなっており、最速40コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写が可能になっています。

また、動画性能も従来機よりも強化され、6.2K/30Pや4K/120Pの動画撮影に対応し、高精細な映像も記録できるようになっています。

ボディ内手ぶれ補正は、5軸・最大7.0段となっていて、動画撮影にも十分対応できるようになっています。

ダイナミックレンジを14+stopに広げた「F-Log2」を新たに搭載していて、撮影後にグレーディングで色調を調整してシネマ調に作り込みたい方の要望にも答えています。

本体の重さは、バッテリー、メディア込みの重さで約660gとなっています。レンズも含めると1Kgを超える場合もありそうなのでジンバルもそれなりのサイズのものが必要になりそうです。

価格はオープン価格となっていますが、店頭予想価格は税込35万円前後となっているようです。

Youtubeの普及で動画の撮影機材の需要が高まっており、このような動画撮影に必要な機能が強化されたカメラは需要が多いのではないかと思います。

「XF16-80mmF4 R OIS WR」装着時の写真です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました