遅ればせながら、Mac miniのOSをアップデート。macOS Montereyになりました。

お勧め記事
お勧め記事とスポンサーリンク

Apple・iOS

本日、遅ればせながら、Mac miniのOSをアップデートしました。

最新のOSのmacOS Monterey 12.3になりました。

OSのファイル容量は12.22GBありました。

作業時間はしばらくかかるようなので他の用事をしていました。

インストール後、再起動が求められます。

OSのアップデートで一番期待していたのは、M1チップのMac miniで不安定で使い物にならなかったマジックマウスが普通に使えることです。

OSをアップデートして久しぶりにマジックマウスに電池を入れペアリングしてみたところ、普通に使用することができました!

しばらくはマジックマウスが使い物にならず、ロジクールのワイヤレスマウスを使用していたのですが、やはりマジックマウスは使いやすいですね。

ペアリングして、最初はマルチタッチが反応しなかったのですが、一度、ペアリングを解除して再接続するとマルチタッチが反応するようになり、スクロールもできるようになりました。

また、macOS Montereyの新機能のユニバーサルコントロールですが、手持ちの10.5インチのiPad Proで、パソコンの画面からiPadの方にマウスを持っていくことができました。

ロジクールのマウスの場合、ユニバーサルコントロールでiPad側のスクロールはできないのですが、マジックマウスではちゃんとスクロールできました。

また、iPadのブラウザにカーソルを持っていくと、Macに接続したキーボードで入力もできました。

今のところ、便利な使い道は思いつかないのですが、使い方によってはかなり便利な機能ではないかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました