logicoolのキーボードK780のファームウェアのアップデート

お勧め記事
お勧め記事とスポンサーリンク

ガジェット系

logicoolのキーボードK780をMacで使用しています。

3台のパソコンで切り替えて使用できてとても便利なのですが、スリープから回復したときに最初にタイプした文字が入力されないという不具合がありました。

他の方もこの現象は起きているようで、キーボードのファームウェアをアップデートすることで解消するとのことで、logicoolのサイトからアップデートツールをダウンロードして、キーボードのファームウェアを更新してみました。

まず、ロジクールのサイト

Firmware Update Tool
Firmware Update Tool More

から「Firmware Update Tool」をダウンロードします。

OSを選択してダウンロードします。私は、M1チップのMac miniで、OSは11.1なので、Mac OS 11.0を選択しました。

「Download Now」を押してダウンロードします。

ダウンロードしたZipファイルを解凍して、「FirmwareUpdateTool」をダブルクリックして起動します。

ファームウェアの更新ツールが起動します。

「CONTINUE」を押して次に進みます。

「NEXT」を押して次に進みます。

ファームウェアのアップデートが始まります。

ファームウェアのアップデート中は、キーボードのLEDが緑と赤の交互に点滅します。

ファームウェアの更新が完了するとこのような画面になります。

ファームウェアの更新が完了すると、キーボードの最初の1文字が打てないという現象は改善されました!

USB接続のキーボードの時は、キーボードにファームウェアがあるとか考えもしなかったですが、最近の周辺機器は多機能、複雑になっているので、ファームウェアがキーボードの中にもあるんですね。

不具合が発生した時は、とりあえずファームウェアの最新版が出てないか確認することも大切だと再認識させられました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました