CanonのEOSカメラがwebカメラとして使える「EOS Webcam Utility Beta」が公開されました。

Roshi
Roshi

CanonのEOSカメラがwebカメラとしてパソコンで認識させて使用できるソフトウェア「EOS Webcam Utility」がアメリカのCanonのサイトで公開されました。

ポロニャン
ポロニャン

これはどういったアプリかにゃ?

Roshi
Roshi

通常、一眼カメラやミラーレスカメラをWebカメラとして使うには、HDMI出力端子からパソコンにダイレクトにつなぐことはできず、HDMIキャプチャーボードを使用してパソコンに入力する必要があります。そのキャプチャーボードが1万円ぐらいの価格で、一眼カメラやミラーレスカメラをWebカメラ化することを断念していた人も多いと思います。

ポロニャン
ポロニャン

なるほど、「EOS Webcam Utility」があれば、追加費用なしにカメラをWebカメラ化できるということか、これは朗報にゃ〜

ソフトウェアはCanon USAのサイトからダウンロードできます。

EOS Webcam Utility Beta

もちろん、全てのEOSカメラで使用できるわけではなく、比較的最近のモデルに限られるようです。

現在、動作するカメラは

EOS-1D X Mark III

EOS-1D X Mark II

EOS 5DS R

EOS 5DS

EOS 5D Mark IV

EOS 6D Mark II

EOS 7D Mark II

EOS 90D

EOS 80D

EOS 77D(EOS 9000D)

EOS Rebel T7i(EOS Kiss X9i)

EOS Rebel T7(EOS Kiss X90)

EOS Rebel T6i(EOS Kiss X8i)

EOS Rebel T6(EOS Kiss X80)

EOS Rebel SL3(EOS Kiss X10)

EOS Rebel SL2(EOS Kiss X9)

EOS Rebel T100

ミラーレス一眼カメラ

EOS R EOS RP

EOS M6 Mark II

EOS M50(EOS Kiss M)

EOS M200

コンパクトデジタルカメラ

PowerShot G5X Mark II

PowerShot G7X Mark III

PowerShot SX70 HS

となっています。

比較的最近の機種ですが、たくさんのカメラが対応しているようです。

この中で、レンズ交換式で安く買えそうなのはEOS Kiss X80ですね。ボディだけなら中古で2万円以下で買えそうです。

他のメーカーもこういったソフトウェアを出してほしいものです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました