激安スマホ UMIDIGI A3S Global Band レビュー

Roshi
Roshi

激安スマホで有名なUMIDIGI A3Sをアリエクスプレス から購入しました。

ポロニャン
ポロニャン

中華スマホ?この前、TCL PLEXを買ったばかりにゃ?

Roshi
Roshi

サブのサブスマホです。超激安スマホの実力を探っていきます。

UMIDIGI A3Sは日本のAmazonでも販売されていますが、私はアリエクスプレス で購入しました。アリエクスプレス は複数のショップの集合体です。いくつかのショップで販売されていますが、私はUMIDIGI Official Storeで購入しました。

今は、少し価格が高くなっていますが、私が購入した時は6,819円で購入しました。クーポン使用で6,592円で購入できました。

2月21日に注文して、到着は3月10日でした。アリエクスプレス にしては早く到着しました。

梱包は中華ショッピングあるあるのビニールの梱包で届きました。

中の箱はクッション材で梱包されていました。

UMIDIGI A3Sの外箱。値段の割には高級感があります。

では、開封していきます。

箱の中には、本体、USB充電器、Micro USBケーブルが入っています。もちろんSIM取り出しピンも付属します。

UMIDIGI A3Sの表面。保護シールの下は液晶保護フィルムが最初から貼ってあります。

UMIDIGI A3Sの背面。カメラは2眼カメラとなっています。

充電口。端子はMicro USBとなっています。

SIMカード挿入口。廉価モデルですが、2枚のSIMカードとMicro SDカード1枚のトリプルスロットとなっています。

UMIDIGI A3Sは本体ストレージが16GBしかないので、これはうれしい仕様だといえるでしょう。

右側側面は、電源ボタンにボリュームボタンが装備されています。

背面のアップ。2眼カメラはレンズが小さいものとなっています。画質に期待はできません。また、廉価モデルですが、しっかりと指紋認証は背面に付いています。

さっそく、初期設定をしていきます。

UMIDIGI のスマホはOSが素のAndroidに近いといわれていますが、初期設定画面も癖のないものとなっています。

設定途中でアップデートもありました。

UMIDIGI A3Sのディスプレイサイズは5.5インチです。iPhone6sと並べてみました。

左がUMIDIGI A3S、右がiPhone6sです。iPhone6sのディスプレイサイズは4.7インチです。

UMIDIGI A3SのディスプレイサイズはiPhone6s Plusと同じぐらいのディスプレイサイズとなります。

初期設定直後のストレージ容量

16GBのストレージのうち、6.22GBが使用済みでした。残りのストレージが10GBほどになります。

Work 2.0 battery lifeでバッテリーの持ち時間を測定してみました。

10時間56分となりました。以外に電池持ちが良いようです。

処理速度はGeekbenchで測定してみました。

シングルスコアが153で、マルチコアスコアが495という数値になりました。

値段なりのスコアといえそうです。

Chromeでwebブラウジングしたところ、iPhone6sより表示は若干早いようです。

1万円以下でこの性能なら不満はないですね。むしろ画面の大きさ、バッテリーの持ちを考えると素晴らしいといえます。

性能にこだわる人は1万円以上のスマホを購入すべきでしょう。

メイン機のサブとして使うにはお勧めできます。

UMIDIGI A3S SIMフリースマートフォン Android 10 HD+ 5.5インチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました