iPhone13Pro maxを購入しました。

お勧め記事
お勧め記事とスポンサーリンク

Apple・iOS

iPhone13Pro maxを購入しました。

新品のiPhoneを購入するのはiPhone3GS以来12年ぶりぐらいです。iPhone3GSから後はしばらくはAndroid機を使い、最近は中古のiPhoneを使用していました。購入はAppleオンラインストアで購入しました。品物は国内にあったようで1月17日に注文して1月22日に到着しました。

開封してみました。

iPhone13シリーズは充電器やイヤフォンが付属しておらず、外箱が薄くなっています。

中の箱もスリムです。

写真ではわかりにくいですが、箱のiPhoneの写真の部分が微妙に立体になっています。

iPhone13proシリーズの特徴となっている大きくなったカメラ。主張している感があります。

iPhone XSと比較

これまで使用してきたiPhone XSとサイズを比較してみました。

画面が一回り大きくなっています。

背面の比較。

色はどちらもゴールドですが微妙に色味が異なります。また背面も同じガラスですが、13pro maxはすりガラス調になっています。

カメラ部分の比較。

iPhone XSに比べてカメラ部分がかなり大きくなりました。

カメラ機能を試してみました

さっそく、外でiPhoneXSと撮り比べてみました。

まず、標準カメラ。iPhone XSで撮影したもの

次にiPhone 13Pro maxで撮影

色味がかなり異なっています。iPhoneXSとiPhone13Pro maxと同じ部分を拡大して比較してみました。

左がXSで右が13Pro max です。拡大してみた時、正直それほど大きな違いがあるようには感じませんでした。この写真を見た時、よっぽど13Pro maxを返品しようかと思いました。

次に13Pro maxの超広角の写真

標準に比べてかなりワイドに写ります。

次に望遠レンズで撮影。

望遠に関してはXSの2倍に比べてiPhone13Pro maxの3倍はかなり違いを感じます。

ポートレートモードを試してみました。

手前の多肉植物にピントを合わせていますがボケがかなり自然に再現されています。これまで2眼タイプのスマホでも一眼カメラのボケは再現できてましたが、ピントが合っているところとボケているところの境界が不自然でした。13Pro maxはLiDARセンサーが搭載され(12Proも搭載されています)かなり自然なボケ味になっています。しかもXSのポートレートモードはかなり離れて撮影する必要がありましたが、13Pro maxは比較的近くの対象物であってもポートレートモードで撮影できるようです。

13万円越えのスマートフォンの購入に関して

iPhone XSの発売時に10万円を軽く超える価格のiPhoneについて、自分はどうしても購入したいという気になれませんでした。iPhone13proシリーズの価格だとMacBook AirやProを購入できてしまう価格だからです。

今回もiPhone13Pro maxに関して購入をかなり迷いましたし、購入した後も返品するかどうかで迷いました。

今回、このiPhone13Pro maxを購入して使い続けようと思った理由は

1、良いものは長く使える

2017年6月にiPad Pro 10.5インチを購入しましたが、4年半ほど経った今でも未だ現役で使えています。購入価格が高かっただけに大事に使用しており、背面はほぼ無傷です。処理性能も問題なく、アプリや電子書籍の閲覧などストレスなく使用できています。

一方、同じ2017年に一番安い無印のiPadを購入した妻のiPadは処理速度が遅く感じ、バッテリーもかなり弱っています。私のiPadよりも長時間使用しているというのもあるかもしれません。また外装もかなり傷んでいます。結局高い性能の良いものは大切に長く使えそうです。

2、中古のiPhoneはそれなり。

中古のiPhoneは確かに値段が安いですが、程度の良い中古を探すのはかなり難しいと思います。前回使用していたiPhone XSはメルカリで購入しましたが、説明欄に液晶に傷はありませんと書かれていましたが、よく見ると傷が入っていました。私はデバイスはできるだけ傷が入らないよう大切に使いたいタイプです。新品なら納得して使用できます。また中古のiPhoneはバッテリーもそれなりに劣化しています。iPhone XSは中古で購入して1年ほどでバッテリーがかなり弱ってきました。最初から自分で使用するとバッテリーに優しい使い方をしてバッテリーライフを伸ばすことができそうです。

3、使用頻度の高いデバイスに費用をかける

iPhone13Pro maxは13万円を超える高い買い物です。同じ金額を出せば、カメラならフルサイズのミラーレスカメラの中古でそこそこ良いものが買えそうです。またMacbook Proなど性能の良いパソコンを購入できそうです。だからといってすでにデスクトップパソコンがある今、ノートパソコンを買う理由はないし、デジタルカメラも外出が制限されている今は使う頻度はかなり減っています。一方、スマートフォンは今や1日の中で一番使用頻度が高いデバイスとなっています。一番身につける機会が多く、カメラで撮影する場合もスマホのカメラで撮影することが多くなっています。また動画を撮影する機会も増え、カメラ機能が向上した13Pro maxは費用対効果の高いデバイスだと言えます。

総括

結局、少し前は購入することも考えもしなかった10万越えのスマートフォンを購入したわけですが、いつも手元に置いて使用頻度が高いデバイスということでしっかり使って費用の元をとっていきたいと思います。動画に関しても気候が暖かくなると畑作業などで撮影する機会が増えると思うので検証してみたいと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました