Appleの発表会で、Appleシリコン、「M1チップ」を搭載したMac 3機種が発表されました。

2020年11月11日の午前3時から開かれたAppleの発表会でAppleシリコンと呼ばれていた、「M1チップ」を搭載したMacが発表されました。

新しく発表された「M1」は省電力が特徴のCPUで、これまで使用されてきたIntel製のCPUに代わるものです。

省電力で、低発熱なので、より高性能にできるようです。

グラフィック性能も向上しているようです。intelのチップよりの2倍高速になっているとのこと。

新しいOS,Big surとの組み合わせで、スリープからの復帰も一瞬でできるようです。

また、Davinci Resolveの画面がありましたが、ビデオ編集も早くなっているようです。

iPhoneやiPadのアプリケーションをMacで実行できるようになるようです。

新しくなったMacbook Airはこれまで販売された98%のノートパソコンより高速になっているようです。

そして、これまで酷評されてきた、インカメの画質も向上しているようです。

Mac mini にもM1が搭載されました。

これまでのMac miniより3倍高速になっているようです。

グラフィック性能は6倍に向上しているようです。

これまで販売されているデスクトップの10分の1の大きさで、5倍の速度が出ることがアピールされていました。

価格が安くなり、これまでのモデルよりも100ドル安く買えるようです。

新しいMacbook Proは13インチモデルで、これまでよりCPUが2.7倍早くなっているようです。

またグラフィックは最大で5倍高速になっているとのこと。

他のWindows マシンより最大で3倍高速になっているとアピールされていました。

バッテリーの稼働時間が長くなり、17時間のインターネットブラウジングと20時間の動画再生が可能になっています。

価格は据え置きとなっており、かなりお買い得な感じになっています。

今回発表されたMac 3機種は形は従来のものと全く変わっていませんが、CPUとグラフィックが新しくなり、かなりの性能の向上が見られます。

今後、2年間をかけて、全てのMacがAppleシリコンに移行するようです。

これからMacがどのような形になっていくのか楽しみです。

Mac上でiOSアプリが動くようになると、iPadの代わりにMacbookを普段使いに使用したい方も増えるのではないかと思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました