2020モデルiPad Proが発売!ストレージ増量で価格は安く!

昨日、2020年3月19日に、いきなり2020年モデルのiPad Proが発売されました。

Roshi
Roshi

発表会もなく、いきなりも発表だったので驚きました。

ポロニャン
ポロニャン

前モデルとどこが変わったのか、正面から見たらさっぱりわからんニャン

Roshi
Roshi

大きな変更点は、カメラがiPhone11のような2眼カメラになったことです。

また、最小構成時のストレージ容量が以前は64GBでしたが、今回は最廉価モデルでも、128GBのストレージを搭載しています。

ポロニャン
ポロニャン

えっ!それで値段は下がったニャリか!

Roshi
Roshi

最小構成モデルで、前モデルよりも5,000円安くなり、税抜き8万4,800円となっています。

2眼カメラは、一見iPhone11と同じに見えますが、LiDARスキャナが追加されています。LiDARスキャナによって、対象物との距離を測定できるようになっており、拡張現実(AR)の処理のために活用できるようになっています。

写真、ビデオを撮影するためのカメラは10メガピクセルの超広角カメラと12メガピクセルの広角カメラを搭載しています。

 

ポロニャン
ポロニャン

ほほー、iPhone11と同じカメラではナインニャリな!

CPUはA12Z Bionicを採用しており、処理速度も高速になっています。「ほとんどのノートパソコンより高速」となっています。また8コアのグラフィックス処理により、高速な描画となっています。

今回、新しいMagic Keyboardも発表されました。

新しく、トラックパッドがついており、マウス操作ができるようになっています。

 

Roshi
Roshi

Magic Keyboardと合わせるとまるでノートパソコンのように見えます。

しかもディスプレイを空中で浮かせることができるようになりました。

ポロニャン
ポロニャン

これならMacBook AirかMacBook proを買ったほうがいいんでは?

Roshi
Roshi

Magic Keyboardは価格が31,800円となっていて、最小構成のiPad Proと両方購入すると116,600円となり、同時に発売されたMac Book Airの104,000円よりも高くなってしまいます。しかもMacBook Airはストレージが256GBになりました。

ポロニャン
ポロニャン

ワシなら新しいMacBook Airを買うニャン。

Roshi
Roshi

iPad Pro用Magic Keyboardの重さは公式サイトにも記載されていません。

iPad Proと合わせてどれぐらいの重さになるのかが気になりますが、おそらく、両方合わせるとMac Book Airと同じぐらいの重量になるのではないかと思います。

iPad Proは単体で高画質の写真が撮れて、Apple Pencilで絵を描いたり写真の編集をしたりなど使用用途によってはMacBook Proよりクリエイティブな作業に向いていると思います。

一方、本来のパソコンとしての用途であればMac Book Airの方が適応力は高いのではないかと思います。

それぞれの使用用途で選ぶと良いと思います。

ポロニャン
ポロニャン

じゃあ、RoshiはiPad Proを2020モデルに買い換えるのか?

Roshi
Roshi

私は今回は買い換えるつもりはありません。現在使っているiPad Proは10.5インチモデルで、2世代前のモデルですが、初期型のApple Pencilも使えるし、意外とiPadのカメラで撮影する機会がないので、私の用途では買い換えるほどではありません。

でも、iPad Pro2020モデルを見ていると、つくづく、iPhone11って割高だと思いますね。

早くも2020モデルのiPad Pro用のケースがamazonで販売されていました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました