レノボから高解像度の液晶ディスプレイ「ThinkVision X27q-10」 「ThinkVision X24q-10」の2機種が発売。高解像度QHDの狭額パネルを採用

レノボから高解像度QHDの狭額パネルを採用したディスプレイ2機種「ThinkVision X27q-10」 「ThinkVision X24q-10」が発売されます。

「ThinkVision X27q-10」と「ThinkVision X24q-10」は、どちらも解像度がQHD (2560 x 1440)の解像度を持つディスプレイです。

液晶サイズは、「ThinkVision X27q-10」が27インチ、「ThinkVision X24q-10」が24インチとなります。

液晶パネルはどちらもIPSとなっており、視野角は上下/左右方向ともに178度となっています。

「ThinkVision X27q-10」は10.7億色の高発色数、で色域はsRGB 100%に対応しています。

一方、「ThinkVision X24q-10」は色域はsRGB>99%対応となっており、デザインや写真編集などにも使える仕様となっています。

比べると、「ThinkVision X27q-10」の方がサイズ、画質ともに優れています。

2機種とも狭額パネルを採用したスリムなモニターとなっていて、デザイン性にも優れています。

詳しくはメーカーのサイト

Lenovo ニュース | レノボジャパン
レノボニュースルーム

をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました