ECSから超コンパクトで4K出力ができるデスクトップパソコン「LIVAZ-4/32-W10(N3350)」が発売されます。

ECSというメーカーから超コンパクトなデスクトップパソコン「LIVAZ-4/32-W10(N3350)」が発売されます。

「LIVAZ-4/32-W10(N3350)」はコンパクトで低価格なデスクトップパソコンです。

OSはWindows 10 HOME 64bitを搭載しています。

CPUは「Celeron N3350」を搭載しています。また、GPUに「HD Graphics 500」を搭載しており、4K出力ができます。

HDMI 1.4bの接続なら、 4K30Hz、mDP であれば4K 60Hzでの映像出力ができます。

メモリ規格はSO-DIMM DDR3Lで、メモリ容量は4GBとなっています。ストレージ容量は32GBとなっています。本格的に使うなら外付けHDDが必要だと思います。

インターフェイスとして、HDMIポート、mDPポートを搭載しています。

HDMI、mDP同時出力によるデュアルモニタにも対応しているので、2つのモニターに画面を映して快適に作業をすることができます。

さらに、USB 3.0ポート×3、USB 3.0 Type-Cポート×1、音声出力・マイクコンボ×1、ギガビットLAN×2を搭載しているので、メインマシンとしても十分使えそうです。

また、小さいサイズながらファンレス設計で完全無音動作を実現しています。静かなリビングで使用しても気が散らされることがありません。

無線としてはWi-Fi 802.11ac、Bluetooth 4.0を搭載しているので、インターネットはもちろん、Bluetoothを通していろいろな周辺機器を接続することができます。

本体サイズは117 x 128 x 33 mm、重量約365gとかなりコンパクトです。

他にOSが搭載されていないモデルLIVAZ-4/32(N3350)も販売されています。

また、CPUがPentium N4200を搭載した上位モデルも販売されています。

「LIVAZ-4/32-W10(N3350)」は価格、性能、サイズが高いレベルでまとめられた魅力的なデスクトップパソコンだといえそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました