ポータブル手動式赤道儀「ハヤブサMk3」星景写真を撮りたい方に、安価な手動式の赤道儀

お勧め記事
お勧め記事とスポンサーリンク

写真

「ハヤブサMk3」は手動式の赤道義です。

hayabusamk3

天の川や星の風景を地表の木や建物、地面などと一緒に撮影することを星景写真といいます。

最近はデジタルカメラの性能が向上して、ISO感度を上げてもノイズが少なくなったと言われます。超広角レンズで、シャッタースピードが30秒ぐらいなら、条件次第では赤道儀を使わなくても十分撮影することができます。

しかし、レンズが暗い場合や条件が悪い場合、赤道儀を使って星の動きに合わせてカメラを動かすことにより、よりきれいに星を撮ることができます。

望遠レンズで星を撮影する場合、赤道儀は必需品といえます。

最近の赤道儀はコンパクトになっており、価格も安くなってきているとはいえ、安い物でも3万円以上します。

価格で赤道儀の購入を躊躇している方も多いのではないかと思います。

ハヤブサMk3 ポータブル手動式赤道儀はそんな方にお勧めしたい、安価な手動式の赤道儀です。

価格は一万円ちょっとで購入できます。

魚眼レンズから250ミリ程度の望遠まで対応し、手動式なので電源を確保する必要がありません。

強度も十二分にあり、フルサイズからコンパクトデジカメまで様々なカメラに対応しています。

操作としては、時計を見ながらダイヤルを時計の秒針に合わせて回すことにより、星の動きに合わせられるようになっています。

あとはしっかりとした三脚が別に必要となります。

この価格なら気軽に星の撮影を始めることができます。

ハヤブサMk3 ポータブル手動式赤道儀
peh
売り上げランキング: 91,226

コメント

タイトルとURLをコピーしました