LAOWAから超広角APS-Cサイズミラーレスカメラ用レンズ「9mm F2.8 Zero-D」が発売されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

LAOWAからフルサイズ換算で約14mmという超広角APS-Cサイズミラーレスカメラ用レンズ「9mm F2.8 Zero-D」が発売されます。

超広角レンズですが、コンパクト、軽量にできているようで、フィルター径は49mmで、レンズの重さは215gと軽く仕上がっています。コンパクトなミラーレスカメラにバランスの良いレンズです。

最短撮影距離は12cmとなっているので、かなり寄ることができます。

対応マウントはキヤノンEF-M、ソニーE、富士フイルムX用の3種類が発売されるようです。

最近、人気が出ている星景写真や風景写真に最適なレンズです。

詳しくは発売元のサイトロジャパンのサイト

http://www.sightron.co.jp/news/new_laowa-9mm-F28-Zero-D-180223.html

をご覧ください。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です