SONYからフルサイズミラーレスカメラの高画素モデル「α7R III」が発表されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

SONYからフルサイズミラーレスカメラの高画素モデル「α7R III」が発表されました。

有効約4240万画素の高解像でありながら、最高約10コマ/秒高速連写を実現しています。

発売は2017年11月25日で、価格は、税別で37万円前後になるようです。

前モデルのα7R IIは画素数は同じですが、連写は最高秒間約5コマでした。同じ画素数を維持しながら倍の連写数に持ってきたところが格段の進化となっています。

先日発売されたα9は連写数では上回りますが、画素数は2420万画素となっています。

高画素と連写数を高いレベルで調和させているところはさすがだと言えます。

シャッターメカは、約50万回のレリーズ耐久性となっていて、耐久性にも配慮されており、プロレベルでの使用もこなすことができそうです。

オートフォーカスでは、399点の像面位相差AFセンサーと、425点に増えたコントラストAFで前モデルと比べると格段の進化が見られます。

また、カメラの背面を見るとジョイスティックが新たに設けられています。AFポイントなどの移動にかなり便利に使えそうです。

液晶はタッチパネルになっていて、タッチパッドAF操作やタッチフォーカス撮影もできるようになっています。

他にも4K動画に対応、SDデュアルスロットを装備、バッテリーはα9と共通の大容量のバッテリー「NP-FZ100」に対応しているなどまさに死角無しのスペックだと言えそうです。

詳しくはSONYのサイト

http://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7RM3/

をご覧ください。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です