新しいAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフデジカメ「PENTAX KP」が発売されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「PENTAX KP」という名前の新しいAPS-Cサイズのセンサーを搭載した一眼レフデジカメが発売されます。

「PENTAX KP」はISO819200の超高感度撮影ができる新型センサーを搭載しています。

センサーは有効約2432万画素の新型となっており、防塵・防滴構造を採用しています。また、マイナス10℃までの動作を保証する耐寒性能も装備して、タフなコンディションでの撮影も可能となっています。

グリップは取り外しができるようになっており、標準で付いているグリップ Sの以外にもグリップ M、グリップ Lの3タイプを付け替えて使うことができます。装着するレンズに合わせて最適なグリップに付け替えることができるようになっています。

ボディ内手振れ補正も搭載しています。手振れ補正は五軸手振れ補正となっており、補正量は5段分の補正ができるとしています。

シャッターは最高速1/6000秒のメカシャッターと電子シャッターを選ぶことができます。電子シャッターの場合は最高1/24000秒の高速設定にすることができ、またシャッター音やシャッターのショックが少なくなっています。

そのほかにも視野率約100%の光学ファインダーや上下チルト式3.0型液晶モニター、無線LAN(Wi-Fi)機能などデジカメに付いていてほしい機能のほとんどが搭載されています。

PENTAXファンには待ち遠しい新機種かと思います。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です