古いコンポもネットワークオーディオ化できる!Google「Chromecast Audio」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Google「Chromecast Audio」は動画をワイヤレスでディスプレイに転送できるChromecastの音声版です。

「Chromecast Audio」をAUX入力端子のあるスピーカーや古いオーディオ、コンポやラジカセなどと接続し、Wi-Fi経由でインターネット上の音楽を再生することができます。

サウンドシステムとの接続は、3.5mmステレオミニ端子や3.5mmRCA、光デジタル端子の3種類の方法で接続することができます。

操作はスマホやタブレット、パソコンなどの端末で操作するようになっています。

音楽は、スマホやタブレット、パソコンの中の音楽やSpotify、Google Play Musicなども利用することができます。

「Chromecast Audio」はBluetooth接続ではなく、Wi-Fi接続です。

この点が便利なのは機器ごとにペアリングをし直さなくてもよいということです。

最近では家にタブレットやスマホ、パソコンなど複数のデバイスを持っている場合も多いと思います。

Bluetooth接続の場合、機器に複数のデバイス登録ができない場合、いちいちペアリングをやり直す必要がありました。

しかし、「Chromecast Audio」はWi-Fi接続なので、複数のデバイスから切り替えなしで音声を送ることができます。

たとえば、午前中はiPhoneの音をスピーカーから流し、午後はパソコンの音を流すといったことが機器のペアリングをやり直さなくてもできるということです。

家に古いオーディオ、またCDやカセットが壊れているけどAUXからの音声なら使えるラジカセやステレオがあるなら「Chromecast Audio」を使うことによってスマホやパソコンの音楽を聞くことができるようになります。

音質もBluetoothより良いようなので音にこだわりのある方にもおすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Chromecast Audio
価格:4978円(税込、送料無料) (2017/1/6時点)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です