パナソニックのシェーバー「ES-RT30」を分解してバッテリーを交換しました。分解のコツなど

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 19

パナソニックの電動シェーバー「ES-RT30」を使っているのですが、最近、バッテリーが弱ってきて3日置きぐらいに充電しないと使えなくなりました。

ネットで調べると、交換用のバッテリーが比較的リーズナブルな価格で売っていました。

これなら買い換えるよりかなり安くつきそうです。

楽天で、メール便対応で売っているところがあります。

P1000555-min

バッテリーが届きました。

早速分解します。分解方法は、取り扱い説明書に載っています。これは、内臓のリチウム電池を別にして廃棄するためです。

スクリーンショット 2016-07-11 17.43.59

「修理のためではありません」と書かれていますが、自己責任において分解していきます。

P1000556-min

まず、お尻の部分のネジを外します。

P1000557-min

ここから先がどのように分解すればよいのかわかりません。ネットで調べると、グリップの部分のパーツははめ込んで固定されているようです。

はめ込みがきつくて、爪を刺そうとしても固いし、無理に開けようとするとパーツを破損しそうです。

こんな時は、テレホンカードのような薄いカードを差し込んでいくとうまく外れます。

P1000558-min

私は、手元にあった海遊館のチケットを使いました。

P1000559-min

なんとか、左右のパーツが外れました。

P1000560-min

続いて、銀色のプラスチックパーツを海遊館チケットを差し込みながら外します。このパーツは外さなくても分解できたかも。

P1000561-min

ここにもネジがあります。

P1000562-min

やっと分解できました。

P1000563-min

取り出した、古いバッテリー。棒の先についているゴムのパーツと金属のワッシャーは再利用するので、新しいバッテリーに取り付けます。

P1000564-min

防水性を高めるため、念のためグリースを塗っておきました。

P1000565-min

組み立ては分解よりはるかに簡単です。

無事組み立てられました。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です