SONYから新しいフルサイズミラーレス機「α7C」が発表されました。

今日、2020年9月15日の午前10時にSONYの製品発表会があり、新しいスタイルのフルサイズミラーレス機「α7C」が発表されました。

スタイルは、事前にリークされていたように軍艦部がない、α6000シリーズのような筐体になっています。

当初は、EVFが省略されるのではないかと噂されていましたが、α6000シリーズのようにボディの左端にEVFが設けられています。

液晶はバリアングル液晶となっており、動画撮影をかなり意識した作りになっています。

これからは動画撮影の需要の高まりからスチル撮影も含め、動画の撮影を意識したモデルが中心になっていきそうな予感がします。

動画機としてマイクロフォーサーズを進化させたPanasonicはこの辺で一歩先を行っていますね。

話を戻して、ボディの重さはα7Ⅲよりも軽量になっていて、約509gとなっています。

しかし、初代α7はボディの重さが416gとなっていて、バッテリー、NP-FW50を合わせると458グラムとなっていて、「α7C」よりも50グラムほど軽量です。

いかに初代α7が軽かったかがわかります。

しかし、ボディ内手ぶれ補正を内蔵していると考えると、かなり軽いと言えそうです。

発売日は2020年10月23日で、価格はボディ単体が税別21万円前後になるようです。

Eマウントのレンズは、今や他のフルサイズミラーレス機に比べて圧倒的に種類が多くなっていますし、MC-11などのアダプターを使えば、さらに選択肢が増えるので、動画機として、マニュアルフォーカスで撮影するのであれば、ボディだけ購入してEFレンズなどを安く購入して動画専用的にも使用しても良さそうです。

ボディ上面のイメージですが、シャッターボタンの手前に動画撮影ボタンが配置されていて、動画撮影が強烈に意識された構成となっています。

動画機能面では、Log撮影ができるS-Log3を搭載しており、撮影後のカラーグレーディングもできるようになっています。

映像クリエイターから支持が得られそうな機能です。

今回、この新しいボディに合わせて新しいコンパクトなレンズが発表されました。

このレンズは「FE 28-60mm F4-5.6」(SEL2860)で、単体での発売はα7cよりだいぶ後になり、来年の春になるようです。

キットレンズとしてはα7cと同時に出荷されるようです。

重さは約167gとなっていて、α7cと合わせて、小型、軽量システムとなり、ジンバルに乗せての動画撮影に使いやすい仕様となっています。

α7cのレンズキットは24万円ぐらいになるようです。

将来価格が下がれば検討したいですが、α7Ⅲの価格を見ると値下がりは難しそうですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました