サムヤンSAMYANGからオートフォーカス対応の超広角単焦点レンズ「AF14mm F2.8 EF」が発売されます。Canon EFマウント

お勧め記事
お勧め記事とスポンサーリンク

カメラ

サムヤンSAMYANGからCanon EFマウント対応のオートフォーカス対応の超広角単焦点レンズ「AF14mm F2.8 EF」が発売されます。

「AF14mm F2.8 EF」はサムヤンのEFマウント対応レンズとしては初めてのオートフォーカス対応レンズとなるようです。

これまでもマニュアルフォーカスの14mm F2.8のレンズは発売されており、星景写真や風景写真では評判の良いレンズでしたが、オートフォーカスが搭載されてさらに使い勝手がよくなります。

重量は485gですから、今度発売されるSIGMAの「14-24mm F2.8 | Art」と比べると半分以下の重量です。

価格は、税別8万5,000円前後になるようで、価格的にもSIGMAのズームレンズよりもかなり安い価格設定になっています。

発売日は3月23日で3月1日に始まるCP+に出展されるようです。

SIGMAの「14-24mm F2.8 | Art」の発売にうまくぶつけてきた感じですね。

詳しくはサムヤンのサイト

サムヤンオプティクス初となるEFマウントのAFレンズ「14mm F2.8 EF」発売 | 新製品情報 | ケンコー・トキナー
株式会社ケンコー・トキナー(社長:山中 徹)は、韓国・サムヤンオプティクス社の新...

をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました