Canonからコンパクトな一眼レフデジカメ「EOS Kiss X9」が発表されました。

Canonからエントリーモデルの人気機種「EOS Kiss X7」の後継モデル「EOS Kiss X9」が発売されます。

「EOS Kiss X7」はコンパクトなボディに価格がダブルズームキットで実売価格が5万円以下とかなり安く買える機種としてかなりの人気機種でした。

しかし、2013年発売ということで、発売時より4年たっており画素数や、機能の面では古く感じるようになっていたのも事実です。

「EOS Kiss X9」は新たにバリアングル液晶を搭載して、Wi-Fi/NFC/Bluetoothなどの通信機能も搭載され、スマホ、タブレットとの連携もやりやすくなっています。

ボディの重さは約453gとX7の約407gと比較して、バリアングルモニターを採用しながらも、46グラム増にとどめています。

価格はボディのみの場合、税別で6万5,500円前後になるようです。

詳しくはキャノンのサイト

キヤノン:このページは移動しました

をご覧ください。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました