IIJ mio の音声通話SIMを契約しました。

これまで長い間、スマホのSIMはso-netの0SIMを使ってきました。月々500MB以下に押さえて、通話はフュージョンのIP-Phone SMARTを使用していました。

デジモノステーション2016年2月号の付録「0 SIM by So-net」SIMを 設定して使ってみました。

しかし、最近、「SMARTalk」のアプリが着信があっても鳴らないことが多く、やはり普通の音声通話も持っていた方がいいということになり、音声通話付きSIMを契約することにしました。

候補としては、OCNかIIJのどちらかにしようと思っていたのですが、最近、OCNの回線が遅いとの評判が多いので、IIJにしました。

通常なら契約手数料が¥3,000ほどかかるのですが、Amazonなどで販売されている音声通話SIMの申し込みパックの未使用のものが家にあったので、契約手数料なしで契約できました。

Amazonなどでとても安く販売されているので、IIJに申し込みを考えている方はネットから申し込むより、Amazonで申し込みパックを購入して手続きする方がはるかに安くすみます。

私が利用したのはこちらのタイプです。

IIJ IIJmio SIM 音声通話 パック みおふぉん IM-B043
IIJ (2014-03-29)
売り上げランキング: 1,783

今は、こちらの新しいタイプのものが販売されていますが、古い方が値段が安くなっています。

この申し込みパックにはSIMカードは入っていません。

中に申し込みコードが入っています。その番号を申し込みサイトに入力することにより、契約手数料なしで申し込むことができるようになっています。

申し込み後、SIMカードが送られてきます。

本日、SIMカードが届きました。

このような封筒に入って宅配便で届きます。

封筒の中身です。

SIMカードはアダプター利用で小は大を兼ねるので、nano SIMにしました。一番小さいのにしておくと、将来もしiPhoneや最近増えているnano SIMを利用するandroidスマートフォンに買い換えてもそのままSIMを使うことができます。

モバイルデーター通信の速度を測ってみました。

下り3.56Mbps出ているので、まずまずです。普通に使うぶんには十分です。

料金プランは「3GB ミニマムスタートプラン」にしました。

月額料金は900円+音声通話機能付帯料:700円で合計1,600円+消費税となり、最低料金が¥1,728でこれに通話料が使った分かかります。

これまで、月々データー通信を500MBに抑えるよう工夫していたのですが、これからはそれほど気にせずにモバイルデータを使うことができそうです。

IIJ系列ですが、BIC SIMも人気があります。

IIJ BIC SIM音声通話パック
IIJ BIC SIM音声通話パック

posted with amazlet at 17.04.10
IIJ
売り上げランキング: 54,319

コメント

タイトルとURLをコピーしました