ファーウェイの「HUAWEI Mate 9」が発表されました。ライカカメラ搭載

ファーウェイから「HUAWEI Mate 9」が発表されました。P9よりも進化したライカカメラを搭載しています。

mate9

「HUAWEI Mate 9」は画面サイズが5.9型、画面の解像度が1080×1920ピクセルのフルHDの液晶を搭載したスマートフォンです。

OSはAndroid 7.0で、CPUは8コアのKirin960、メモリは4GB、ストレージは64GBでmicroSDXCスロットを装備していて、最大256GBまでのmicrosdを使うことができます。

「HUAWEI P9」に搭載されて好評だったライカブランドのデュアルカメラを搭載しています。

「HUAWEI Mate 9」ではさらにカメラのスペックが上がり、モノクロセンサーの画素数が2000万画素にアップしています。

RGBセンサーの画素数は1200万画素ですが、二つのカメラのデーターを合わせることにより、ディティールが50%向上したとのこと。

さらに光学式手ブレ補正も静止画、動画の両方で作動し、動画は4K動画も撮影できるようになりました。

オートフォーカスも向上しており、デジカメなどに採用されている「像面位相差フォーカス」が搭載されました。

4種類のAFを搭載しており、素早いAFが可能になっているようです。

バッテリーは4000mAhの大容量バッテリーとなっていて、動画再生とLTE回線でのブラウジングで、20時間通話で、30時間連続で使用できるようです。

外部接続端子は最新のUSB Type-Cになっています。

7.3 mmの本体サイズは、約78.9(幅)×156.9(高さ)×7.9(奥行き)mmとなっています。

iPhone7Plusのサイズは約77.9(幅)×158.2(高さ)×7.3 (奥行き)mmとなっています。

HUAWEI Mate 9の方が若干サイズは大きいですが、Mate 9は画面サイズが5.9インチに対し、iPhone7Plusは5.5インチなので、画面サイズの割には本体はコンパクトに収められているのではないかと思います。

「HUAWEI Mate 9」はiPhone7Plusにまともにぶつけてきたライバルモデルといえそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました