「USB-CVDK2」MacbookにUSB Type-Cケーブル1本で拡張できるドッキングステーション。

お勧め記事
お勧め記事とスポンサーリンク

Apple・iOS

新しいMacbookはUSB端子が「USB Type-C」のコネクタ一つしかなく、いろいろな周辺機器を接続するには、ハブを購入しなければなりません。

また、給電出来るハブがなければ、充電しながら使うことができませんが、サンワサプライから発売されている、「USB-CVDK2」は付属のUSB Type Cケーブル1本で、ノートパソコンと拡張用モニタやマウス、外付けHDDなど周辺機器を一括して接続できるようになっています。

スクリーンショット 2016-06-21 23.05.42

「USB-CVDK2」は、USB Type CポートやUSB 3.0、2.0ハブや、ヘッドホン出力、マイク入力、LAN、HDMIポートなどあらゆる端子を装備しています。

接続に関しては、2015 MacBook、DELL NEW XPS13、VAIO S11の3モデルが動作確認できているそうです。

スクリーンショット 2016-06-21 23.05.17

他にも、USB Type Cでの「USB Power Delivery(USB PD)」に対応しており、接続したパソコンへの給電もできるようになっています。

メーカーの方で、2015 MacBookの給電も確認できているとのこと。

映像のHDMI出力の解像度は、4K解像度の場合、(3840×2160)30Hzまでの対応のようです。

Macbook 2015などのUSB Type C対応のパソコンを家で、ディスプレに接続して、デスクトップ的に使いたい時に便利なドックステーションです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました