ワゴンR MC21Sのマフラーを交換しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日、マフラーが折れてしまったワゴンR MC21Sのマフラーを交換しました。

マフラーの交換の時にボルトやナットが緩まなくて困ることが多いのですが、今回は先回のマフラー交換から3年ほどしか経っていなかったので苦労はしないと思っていましたが、エアーインパクトレンチを購入していたので初めて使用してみました。

エアーインパクトレンチの威力はさすがで、一撃で緩みました。

純正マフラーはタイコから先が折れていたので簡単に取り外す事が出来ました。折れていない場合は一体型になっているので、ジャッキで高めに上げておかないと取り外しは難しいです。

今度取り付けるFUJITSUBOのマフラーはマフラー先端の部分が分割式になっているので、それほど高くジャッキで上げなくてもマフラーの取り付けができます。

マフラーの出口が純正と比べて大きくなって迫力があります。

エンジンをかけて走行してみましたが、音は静かで車検にも問題なく通りそうです。

若干、バンパーから先端がはみ出しています。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です