Canonからミラーレス一眼カメラ「EOS Kiss M」が発売されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

CanonからAPS-Cサイズのセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「EOS Kiss M」が発売されます。

「EOS Kiss M」はKissシリーズとしては初のミラーレスタイプとなります。

ミラーレスとすることにより、小型、軽量化され、Kiss X9の453グラムからさらに軽くなり重さはボディのみで390グラムとなっています。

イメージセンサーはAPS-Cサイズの有効2,410万画素となっており、動画は4Kにも対応しています。

背面液晶はバリアングルになっており、それに加えて236万ドットのEVFも搭載されているので、明るい場所での撮影にも対応しています。

また、EVFでの撮影時にピーキングの表示ができたり、マニュアルフォーカス時の拡大表示にも対応しています。

オートフォーカスはデュアルピクセルCMOS AFとなっており、これまでの機種よりも素早いピント合わせができるとしています。

Canonのミラーレスは以前はオートフォーカスが遅いという評判だったので、どの程度早くなっているか興味がありますね。

Canonのカメラとしては初めて「瞳AF」を搭載したようです。しかし、瞳AF時には追尾AFには対応していないようです。

連写速度はAF追従で約7.4コマ/秒となっています。

詳しくはCanonのサイト

http://cweb.canon.jp/eos/lineup/kissm/index.html

をご覧ください。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です