SONYからフルサイズ対応標準ズームレンズ「FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G」が発売されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

SONYから新しいフルサイズセンサー対応の標準ズームレンズ「FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G」が発売されます。

「FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G」は焦点距離が24-105mmで、解放F値がズーム全域でF4の標準ズームレンズです。

広角24mmから望遠の105mmまで対応しており、なおかつ最短撮影距離が0.38m、最大撮影倍率0.31倍の近接撮影もできて使い勝手が良さそうなレンズです。

レンズの重さは約663gとなっており、キャノンの「EF24-105mm F4L IS II USM」が約795gなので100グラム以上軽くできています。

また、キャノンの「EF24-105mm F4L IS II USM」は最短撮影距離が0.45mm、最大撮影倍率0.24倍となっているので、「FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G」の方が接写には有利です。

これまでSONYのレンズでフルサイズ標準ズームでは「Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS」がありましたが、値段の割には写りがイマイチだと感じている方もおられたようです。

他には「FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS」というα7のキットズームも発売されていますが、値段は安いけど、広角が28mmスタートで写りがよくないという評判もみられます。

また、「FE 24-70mm F2.8 GM」という最高峰のレンズも発売されています。写りは抜群のようですが、値段が20万円後半と簡単に買える値段ではありません。

「FE 24-105mm F4 G OSS SEL24105G」は希望小売価格が税別16万5,000円となっており、価格と写りがバランスが取れたレンズになるのではないかと思います。

詳しくはSONYのサイト

http://www.sony.jp/ichigan/products/SEL24105G/

をご覧ください。

 

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です