Nexus4の電源ボタン(電源スイッチ)を交換しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日、Nexus4の電源ボタンが調子悪くなり、eBayで電源ボタンを安く購入したことを記事にしました。

Nexus 4の電源ボタンが効きにくくなってきました。

時間ができたので、Nexus4を分解して、電源ボタンを交換しました。

まず、分解するにはスマホ下部のT5の2本のネジを緩めます。

ディスプレイ部とケースの間をテレホンカードなどの薄いものを差し込みながら、ディスプレイ部を分離します。

次に、基盤の上に装着されている黒いプラスチックのカバーを取り外します。

このプラスチックのパーツを取り外すと、電源ボタンの部品を上にスライドさせて取り外すことができます。

あとは、電源ボタンを同じように上から差し込んで、元どおりに組み立てるだけです。

電源ボタンの交換なら、Nexus4の場合、接着をはがしたりなどの必要がないので比較的簡単にできます。

部品も安く出回っているので、グローバルモデルの場合、安く修理して長期間使用できそうです。

バッテリーも今の所それほど極端に弱っているわけではありません。

バッテリーも比較的簡単に交換できそうなのでまだまだ十分に使える機種だといえます。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です