Macbook proを6ヶ月間使わないとどうなるか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先月まで半年の間、発展途上国にいました。

海外に行くにあたって、渡航先によっては貴重品を持っていくと、盗まれたり、犯罪の被害に遭うこともあります。

行った先の治安があまり良くないので、今回はジャンク品としてヤフオクで落札したWindowsのノートパソコンを持って行き、Macbook proは家に置いて行きました。

しばらく放置するにあたり心配したのがバッテリーです。

バッテリーは満充電のまま置いておくのは良くないし、過放電も良くないといいます。

今回は、80パーセントほどに充電して、ACアダプターを外して乾燥剤と一緒に防湿ケースに入れておきました。

6か月後電源を入れるとどの程度放電していたでしょうか?

画像では8%になっていますが、電源を入れてすぐの時は10%になっていました。

やはり6ヶ月も放置すると結構放電してしまうようです。

私のMacbook proはバッテリー容量はまだまだある方なので、バッテリーが劣化していればかなり放電してしまうかもしれません。

安全なところならMacbook proを持って行ってバリバリ使いたいところですが、強盗や盗みが頻発するところでは、自宅に置いておかざるをえません。

長期保管の場合の対処法についてまた機会があれば調べてみます。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. Take4 より:

    半年でも、10%程は残った状態なんですね!もちろんバッテリーの状態にもよるかもしれませんが…驚きです。

    • roshi より:

      大容量のバッテリーを搭載しているので、なんとか持ったようです。1年ぐらい留守にする時は、タイマーコンセントを使って1週間に1度ある程度の電気を流すようにしたらいいのかもしれません。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です