1型センサーにF1.4の明るいレンズのコンデジパナソニック ルミックス「DMC-LX9」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

パナソニック ルミックス「DMC-LX9」は1型というコンパクトデジカメでは大きめのセンサーに開放F値1.4という明るいレンズを搭載した高画質なコンパクトデジカメです。

ルミックス「DMC-LX9」は2016年11月に発売されました。

特徴は1型センサーと解放F値1.4という明るいレンズの組み合わせです。

最近のスマホもかなりカメラの画質が向上していますが、まだまだ撮像素子は小さくレンズも小さいので、本格的に撮影するには物足りない場合があります。

ルミックス「DMC-LX9」はライカレンズを搭載、明るいレンズと相まって滑らかなボケ味を実現しています。

レンズ鏡筒に絞りリングが付いていて、アナログ的な感覚で絞りを調節することができます。

例えば、背景をぼかしたいときはF1.4の開放で撮影し、風景など全部の部分にピントを合わせたいときはF8などに絞り込んで撮影するといったことが、ボタンではなく、ダイヤルで直感的に操作できるのです。

さらに、多彩な表現ができる、「フォーカスセレクト&フォーカス合成」モードを搭載しています。

4Kフォトモードでピントの位置を変えながら連続撮影することにより、撮影後にピントの位置を選択することができます。

動画機能も優れており、高精細「4K 30p動画」や、滑らかな「FHD 60p動画」を撮影することができます。

ネットでレビューを探してみました。

Panasonic LUMIX DMC-LX9|SHOOTING REPORT

Panasonic 渾身のコンデジ DMC-LX9

テンポよく撮れて高画質 パナソニック「LUMIX LX9」

ライカF1.4レンズの美しいボケ効果!ハイエンドコンデジ「DMC-LX9」実写レビュー

レビューサイトを見るとかなり画質が良いようです。

F1.4の明るさを生かせるのは広角端だけのようですが、被写体に寄って撮影した写真はバックがきれいにボケています。

コンパクトにカメラを持ち歩きたいけど画質も犠牲にしたくない方にお勧めのコンパクトデジカメです。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です