カシオ「BOOK TURNER(ブックターナー) BT-100」 iPadやiPhoneで非破壊自炊ができる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 20

カシオより、iPadやiPhoneなどを使用して、本をスキャンし、PDFとして保存できるツール、「BOOK TURNER(ブックターナー) BT-100が発売されるようです。

スクリーンショット 2016-06-10 19.34.20-min

タブレットやスマホが普及して、電子書籍をダウンロードして読む人が増えてきました。

購入できる電子書籍があれば良いのですが、電子書籍化されていない本もあります。そういった本を自分でスキャンして、PDF化することを「自炊」などと呼ばれています。

しかし、スキャンするためには、本を裁断する必要があり、スキャン後は本を捨てる人も多いのではないかと思います。

「BOOK TURNER(ブックターナー) BT-100は、本を裁断せずに、iPhoneやiPadのカメラを利用して本をスキャンするツールです。

スポンサーリンク

「BOOK TURNER(ブックターナー) BT-100とはどのような装置なのか

「BOOK TURNER」そのものは、スキャンする機能はありません。「BOOK TURNER」はページをめくる装置、iPhoneやiPadを安定して正確にセットする台、本を照らすLED照明などがセットになったスキャン支援装置となっています。

ページめくりの方法としては、粘着テープとアームの回転で、1枚ずつページをめくるようになっています。

また、めくったぺージにエアーを当てることでページが戻ることを防ぐ機能も搭載されているようです。

分厚い本などの場合、ページめくり機構が使いにくい場合は、手動でページをめくることもできるようです。

ブックターナー専用アプリ「BOOK TURNER」もすでにできている。

BOOK TURNER(ブックターナー) BT-100でスキャンした画像をPDFに変換し、読みやすくするアプリ、「BOOK TURNER」はすでに開発され、App storeでダウンロードできるようになっています。

スキャンしたページのトリミングや湾曲補正、さらに色補正機能も搭載されているようです。

さらに、複数PDFファイルの結合機能もあるようです。

本体には無線LANが搭載されているようなので、ページめくりとiPhoneのシャッターが連動するようになってるのかもしれません。

気になるお値段は

値段が気になりますが、ニュースサイトによると、10万円前後になるようです。

正直、高いと言わざるをえません。そのためか、一般には販売されず、一部の法人、流通向けに限定で販売されるとのこと。

潤沢な資金がなければ購入できないでしょう。

個人で、非破壊スキャン、非破壊自炊をするなら、富士通 FUJITSU ScanSnap SV600が鉄板だといえそうです。

富士通 FUJITSU ScanSnap SV600 (A3/片面/オーバーヘッド読取方式) FI-SV600A
富士通 (2015-02-06)
売り上げランキング: 3,757
お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です