SONY「α9」が国内で発表。ブラックアウトなしで20コマ/秒の連写が可能なフルサイズミラーレス

お勧め記事
お勧め記事とスポンサーリンク

カメラ

兼ねてから噂されていたSONY「α9」が国内で発売が発表されました。

発売日は5月26日になるようです。価格は50万円。

イメージセンサーはフルサイズの2,420万画素の積層型CMOSセンサー「Exmor RS」を搭載します。

α7Rⅱの4240万画素より画素数は少なくなっていますが、連写に強くなっています。

読み出し速度の高速化により、AE/AF追従で最高20コマ/秒の連写が可能となっています。スポーツなど、動きが早い被写体に向いたカメラとなっています。

これまで、ミラーレスは、動体に弱いとされ、オリンピックなどのスポーツを撮影するカメラは一眼レフタイプのミラーありのデジカメが主流でした。

そこに、高速連写でなおかつ、ミラーレスとすることにより、EVFのブラックアウトがない状態で被写体を追い続けることができることの優位性が強調されています。

シャッタースピードは電子シャッターの場合1/32,000秒まで設定できます。

電子シャッターの場合、高速で動くものを撮影した場合、撮影画像が歪んで写ってしまうという欠点がありましたが、「α9」は積層型CMOSの高速読み出しによって歪みのない電子シャッターを可能としているようです。

α7シリーズの欠点として、バッテリーの容量が少なく、撮影枚数が少ないという問題がありましたが、「α9」は「NP-FZ100」という新しいバッテリーを採用。容量が2.2倍になって、液晶モニターを使って撮影した場合、約650枚も撮影できるようです。これまでよりも大幅にバッテリーライフが伸びています。

操作性も向上しています。液晶はタッチパネルとなりました。また、マルチセレクターと呼ばれるジョイスティックが装備されて使い勝手がよくなっています。

そのほか、連写速度の切り替え、AFモードの切り替えダイヤルが装備され、メニューから辿っていかなくても、瞬時に変更できるようになっているのは良いと思います。

先日、ニュースサイトで、35mmフルサイズ機で米国シェアがニコンを追い越して2位になったと報道されていました。

「α9」が発売されたことにより、動きの早い被写体に向いていると言われていた、一眼レフタイプの市場を本気で取りに来たSONYの意気込みが感じられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました