簡単!Lenovo G550のCPUのヒートシンクの埃を掃除

パソコンの修理に預かっていた、Lenovoのノートパソコン、G550のCPUのファンの音が大きめだったので、きっと埃が詰まっているに違いないと思い、分解清掃しました。

この機種は、比較的簡単にCPUのヒートシンクにアクセスできます。

Lenovo G550のCPUファンのヒートシンクの清掃手順を写真を交えてご紹介します。ただし、分解が伴うので、自己責任にてお願いします。

まず、ACアダプターとバッテリーを取り外します。

次に、本体をひっくり返して、赤丸の所の3本のネジを外します。

DSC00046-min

そして、爪を差し込みながら、蓋を外します。

DSC00045-min

この蓋を外すだけで、メモリやCPUファン、ヒートシンクにアクセスできます。

次に、下の赤丸の3本のネジを外して、CPUファンを外します。

DSC00038-min

CPUファンを外すと、ヒートシンクが見えます。

DSC00040-min

かなりの埃が詰まっています。フェルトを貼り付けているみたいに見えます。

DSC00041-min

大まかに埃を取り除きました。

次に、細かい埃をエタノールを染み込ませた綿棒で掃除しました。

DSC00043-min

取り除いた埃。

DSC00044-min

これだけのものが詰まっていると、かなり冷却性能が落ちていたのではないかと思います。

あとは、バラした順番に組み立てていくだけです。

ノートパソコンの中には、CPUファンにアクセスするために、キーボードを取り外したり、底面のパネルを全部取り外す必要があるものが多いですが、Lenovo G550は底面の3本のネジを外すだけでアクセスできるので、とても簡単です。

たまに、掃除するとパソコンも長持ちしそうですね。

掃除後、起動するとCPUファンの音が少し小さくなっていました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました