中華 FCS Ⅱフィンを購入してみましたが・・「UP SURF製FCS Ⅱ互換フィン」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

サーフボードの買い替えと同時にFCS2フィンを購入することにしました。

これまでは、従来のネジで固定するタイプのFCSフィンを使用していたのですが、購入したボードはFCSⅡタイプのフィンボックスが付いていました。これまで使っていたボードもFCSⅡのフィンボックスだったのですが、ボード買い替えの時に、試乗させてもらって、その時に初めてFCSⅡフィンを使って、ネジ留めがないのは便利だと思ったからです。

でも、FCSⅡフィンは値段が結構高いです。純正品だと安いものでも6,000円から、高いものだと1万円を超える値段となっています。

パソコン、スマホなどでは中国製の安い製品が出回っていますが、サーフィン用品でも最近、中華製品が出回っています。

AliExpressを見ていると、amazonなどでも販売されている、「UP SURF」というブランド?のフィンが販売されていました。

FCS2フィンでも¥2,617で販売されています。

 

UPSURFサーフボード フィンFCS2 G5サイズブルーハニカム スラスタ3枚セット surfboard fins (ブルー)
 
当然、AliExpressで買ったほうが安いので、早速注文しました。

到着は、結構早く、注文から9日間で到着しました。

こんな段ボール箱に入って届きました。

フィンはネオプレーンのような素材のケースに入っています。

トライフィン用で、3枚フィンが入っています。

重さを今まで使っていたフィンと比べてみました。

こちらが今まで使っていたFCS純正のフィン。3枚で214グラムでした。

UP SURF製のフィンは173グラムで、純正フィンよりも軽くなっています。ハニカム構造で軽量化されているようです。

フィンのサイズはG3タイプの小さめのを注文したのですが、これまで使っていたフィンとほとんど同じ大きさでした。

さっそく、フィンを取り付けようとしたのですが・・・フィンがなかなか入りません。

かなり力を入れても入らなかったので、少し削ることにしました。

木片に両面テープで紙やすりを貼り付け、できるだけ均一に削ってみました。

削り過ぎないように少しずつ削っては入れてみて、なんとか装着できるようになりました。

サーフィンの腕は初級なのでフィンの性能をどうこうとか評価はできませんが、見た目はいいのではないでしょうか。

でも精度に難があるものもあるという事を覚悟して買ったほうがよさそうです。

 

 

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です