「Inateck 2.5インチ HDDケース USB 3.0接続 FE2010」【レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Inateck 2.5インチ HDDケース USB 3.0接続 FE2010を購入したのでレビューします。

Inateck 2.5インチ HDDケース FE2010は工具不要でドライブを着脱できるSATA接続のドライブ用外付けHDDケースです。

超高速UASPデータ転送モードに対応しているとのことで、転送速度にも期待が持てます。

外箱は実に簡素なものです。こういったシンプルな箱で十分です。

箱の中身です。HDDケースとUSB3.0ケーブル、HDDのスペーサーとなると思われる薄いスポンジが付属しています。説明書などはありません。

ドライブを入れるときは、蓋をスライドするだけで開けることができます。

中にSSDを入れました。SSDは2年前に購入したSanDisk SSD UltraII 480GBです。

インターフェース部。USB3.0端子、アクセスランプの他にON/OFFスイッチも付いています。

Macbook Proに接続して、転送速度を計ってみました。

まずは今まで使っていた林檎派のHDDケースです。

次に、今回購入したInateck 2.5インチ HDDケース FE2010

SSDへの書き込み速度はほとんど変わりませんでしたが、読み込み速度がかなり改善されました。

しかし、もう少し早くてもいいのでは、と思ってネットを調べると、接続しているドライブがUASPデータ転送モードで動作しているかどうか調べる方法が載っていました。

Macの左上の林檎マークをクリックし、「このMacについて」をクリック。「概要」の下の「システムレポート」のボタンをクリック。

左のメニューの下の方の「機能拡張」をクリックし、右側に出る「機能拡張名」の中から「IOUSBAttachedSCSI」の項目を探します。

「読み込み済み」のところが「はい」となっているとUASPデータ転送モードで動作しているそうです。

私のは「いいえ」となっていました。

さらに、ネットで調べていると、MacOS Sierraでは、システムレポートから確認はできず、ターミナルにコマンドを打ち込んで確認できるようです。

「ターミナル」を起動して、

ioreg |egrep ‘IOUSBMassStorageUASDriver’

と入力してリターンキーを押すと

この表示になります。

「IOUSBMassStorageUASDriver」の表示が出ればUASPデータ転送モードで動作しているとのことでした。

書き込み速度がもう少し早くなってもいいような気がしますが、この辺はSSD自体の転送速度の関係もあるかもしれません。

Inateck 2.5インチ HDDケース FE2010は工具不要でドライブを入れ替えることができるので、頻繁にドライブを入れ替えて使いたい方にオススメです。

ケース自体の質感は値段なりですが、タイムセールで777円で購入できたのでコストパフォーマンスは非常に高いです。

ケースの重量も軽いので頻繁に持ち歩きたい方にもお勧めできます。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です