JBL PEBBLES PC用スピーカー レビュー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

Macbook pro retinaのスピーカーはお世辞にも音が良いとは言えません。

それで、外付けのスピーカーが必要になると思うのですが、私は、JBL PEBBLESを使用しています。

【国内正規品】JBL Pebbles バスパワードスピーカー USB DAC内蔵 ブラック JBLPEBBLESBLKJN
by カエレバ

価格.comやamazonでも売れ行きランキング1位になっています。

よくある、パソコン用のパワードスピーカーは、ACアダプターが必要であり、音を慣らすためにはスイッチを入れる必要があります。
また、使わないときは無駄な消費電力を抑えようと思うとスイッチをいちいち切る必要があります。
しかし、このJBL PEBBLESはUSBバスパワーで駆動するので、スピーカーのスイッチを入れる必要はありません。
また、パソコンを終了させると、スピーカーのパワーも勝手に落ちてくれます。

そして、肝心な音ですが、JBLだけあって、なかなかの音質です。低音も、このサイズにしては十分ではないでしょうか。(上を見ればキリがないですが)
JBL PEBBLESを使う前は、小型のデジタルアンプにONKYOの10cm2ウェイのスピーカーを使っていました。
2つを聞き比べたのですが、ほとんど遜色なかったです。曲によっては、JBL PEBBLESの方がくっきりとした音で聞きやすかったです。

デスクでは、こんな感じでセットしています。

JBL PEBBLES

パソコンとは、USBケーブル一本で繋がっているだけなので片付けも簡単で素早くできます。

JBL PEBBLES
パソコンにつなぐと、青色のLEDが光ります。

JBL PEBBLES
右側のスピーカーサイドにはボリュームが付いていて、これはパソコンの音量スライダーと連動しています。

また、 AUX INも付いていて、USBからACアダプターで電源を供給して、iPad や、iPhoneなどからラインアウトさせることによって、USBがない音源からも音を鳴らせるようになっています。

USBから電源を取れるということは、モバイルバッテリーからでも電源をとって音を鳴らせるのでは、と誰でも思いつくでしょう。

それで、実際にやってみました。

iPadとPEBBLESをステレオラインケーブルでつなぎ、USBをANKERのモバイルバッテリー79ANM3-WAに接続して、ipadの音楽を鳴らしてみたところ、ちゃんと音が出ました。

DSC01986

こんな使い方もできるので、屋外や旅行に出かけた時も気軽に良い音で音楽を聞くことができそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です