サーフィン中にリーシュコードが切れました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 22

今日、サーフィンを楽しんでいたところ、リーシュコードが切れました。

リーシュコードは古くなると切れることがあると聞いてはいたのですが、自分で経験したのは初めてでした。

これまでは2年おきぐらいに買い換えていたのですが、最近は、無精して3年ほど使っていました。

大きな波の時は、泳ぐのが下手だと命に関わることですが、幸い今日は波の高さが腰ぐらいで足のつくところだったので大丈夫でした。

リーシュが切れた時は、乗り終わって着水した時に、ボードだけが岸にどんどん離れていって切れていることに気づきました。

今日は時間も遅かったし、人も少なかったのでとりあえず、切れたリーシュを足首のところにくくって少しだけ続けました。

こういう時のために予備のリーシュがあったほうがいいですね。

切れたリーシュは根本のところから千切れていました。

切れたところのアップです。

こんなことにならないために、長くても2年おきぐらいには買い換えていきたいです。

 

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です