Windows 10はISOのプレビューからも無料アップグレードができるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ITメディアの記事で、「Windows 10」はISOのプレビューからも無料アップグレード可能という記事がありました。

マイクロソフトは、Windows 10のプレビューユーザーに対して、プレビュー版から7月29日リリースの正式版へのアップグレード方法について説明したそうです。

それによると、プレビュー版のユーザーは、Windows 7/8.1ユーザーと同様に、29日から1年間、無料で正式版Windows 10にアップグレードできるそうです。

記事によりますと、「Windows 7あるいは8.1の正式版を持っていなくても物理的にはISOファイルからのクリーンインストールは可能なので、例えばWindows XPマシンや仮想マシンにISOファイルからWindows 10のプレビュー版をインストールすることで、Windows 10の正式版にアップグレードすることも可能なはず」とのことです。

また、「プレビュー版をインストールしていて、かつ、プレビュープログラムへの登録時に使ったMicrosoftアカウントと関連付けてあるPCであれば、正式版Windows 10に無償でアップグレードできる」との表現もあったようです。

正式に出るまでははっきりとしたことはわからないようですが、Macを使っているなら、ブートキャンプや、Parallelsなど仮想マシンでWindowsを動かしている方も多いと思いますので、プレビュー版を入れておいてもいいかもしれません。

追記
後日、この情報は訂正されたようです。
「無償アップグレードとしてWindows 10にアップグレードできるのは正式版のWindows 7あるいはWindows 8.1を稼働させている人だけであることに注意する必要がある」
とのことです。やはり、windows7あるいは、windows8の正規ライセンスは必要であるようです。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です