HUAWEI nova lite 3 開封レビュー 写真の画質比較も。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

goo Simsellerで購入した「HUAWEI nova lite 3」の開封レビューです。

端末とSIMカードはこんな感じのコンパクトな箱で届きました。

ダンボールの中の端末の箱はエアーキャップで梱包されています。他はセットのOCNのSIMカードや説明書などです。

SIMカードは端末にセットされておらず、自分で端末にセットする必要があります。今回はこのSIMは私のHUAWEI P9で利用します。

nova lite 3が入っている箱。もちろん未開封です。

箱を開けると一番上にnova lite 3の本体が見えます。

箱の中身。本体、ACアダプター、Micro USBコード、イヤホン、TPUカバー、SIM取り出しピン、簡単な説明書が付属しています。

液晶保護フィルムが最初から貼られています。

フロントカメラ周り。液晶保護フィルムが最初から貼られているのは助かりますね。

背面。傷がつかないようにフィルムが貼られていますが、こちらは剥がしてくださいと言わんばかりの取っ手がついています。

メタリックな感じのボディですが、プラスチック製で、質感はP9と比べるとかなり劣ります。

nova lite 3もデュアルカメラとなっています。後からボケ感を変えることができるワイドアパーチャに対応しています。

nova lite 3とP9の比較。nova lite 3はP9よりも少し大きいぐらいですが、画面の大きさがかなり大きくなっています。

P9のような上下に広いベゼルがあるスマホは、ちょっと古いスタイルになってきました。

背面の比較。P9の方が高級感があります。また、P9の方が端末の厚みが薄くなっています。

面から見たところの比較。P9はHUAWEIの文字が目立ちますね。

横から見たところの比較画像です。P9の方が少し薄くなっていますが、持った感じだとP9の方がかなり薄く感じます。

次にカメラの比較です。実際にnova lite 3とP9を使って同じものを撮影してみました。

まず、nova lite 3です。

ちょっとホワイトバランスが電球の影響を受けました。

次にP9です。

P9の方はホワイトバランスが完璧に補正されました。

今度は、本を撮影してみました。

nova lite 3です。

こちらも電球の色の影響をかなり受けました。

次にP9

こちらはうまく補正されているようです。

縮小画面だと画質の違いがわかりにくいので等倍で比較してみます。

こちらはnova lite 3

そしてP9

P9の方が画質がいいようです。

次にベンチマークを測定してみました。

使用したアプリはAntutu Benchmark v7.1.5です。

nova lite 3のスコアは127,644でした。

次にP9です。

P9のスコアは114,299でした。3年前のフラッグシップ機が今年発売のエントリーモデルに負けてしまいました。

でも3年前のモデルでこのスコアなので健闘しているのではないかと思います。普通に使うには特に問題なく使用できています。

P9の発売日が2016年6月でした。当時のフラッグシップ機でしたが、3年経って、エントリーモデルのnova lite 3のカメラの画質が3年前のフラッグシップ機に追いついてきていると言った感じです。

カメラの画質を追求する方でなければ、nova lite 3のカメラも十分綺麗だと思います。

HUAWEI P9は3年前の発売のモデルでしたが、性能もいいのでまだまだ使えます。

性能のいいスマホを買えば長く使えるということがわかりました。

 

 

HUAWEI nova lite 3 SIMフリー [ミッドナイトブラック]
お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です