キャノンからフルサイズミラーレスのエントリーモデル「EOS RP」が発売される?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

キャノンからフルサイズミラーレスのエントリーモデル「EOS RP」がまもなく発売されるとの記事が軒下デジカメ情報局に載せられていました。

軒下デジカメ情報局はこれから出る新商品に関しては、とても信憑性が高いサイトとして知られています。

ここに掲載された新商品は間違いなく出ると見てよいでしょう。

そのEOS RPのスペックですが

•2620万画素フルサイズセンサー

•デュアルピクセルCMOS AF •DIGIC 8

•連写性能:5コマ/秒 •ISO感度:100~40000 (拡張ISO:50、51200、102400相当)

•有機EL EVF

•3.0型タッチパネルバリアングル液晶

•デュアルセンシングIS

•カメラ内DLO、カメラ内RAW現像、C-RAW対応

•サイズ:132.5 x 85.0 x 70.0 mm •重さ:約440g(本体のみ)、約485g(バッテリー含む?)

•キットレンズ:RF24-105mm F4L IS USM

となっています。EOS Rより小型軽量となっているようです。 これで値段が10万円前後で発売されるようならかなり売れるモデルとなるのではないかと思います。

ただ、フルサイズだとレンズ込だと重量が重くなってしまう可能性はあるのですが、キャノンの場合、EFマウントのレンズ資産を生かすことができれば、エントリー層の方にとっても魅力的なボディとなるのではないでしょうか。

マウントアダプターEF-EOS Rと撒き餌レンズのEF50mm1.8などと組み合わせたらコストパフォーマンスの高いシステムを組めそうです。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です