Panasonicがフルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S」を3月末に発売することを発表しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

アメリカ・ラスベガスで「CES 2019」が開かれており、そこでPanasonicがフルサイズミラーレスカメラ「LUMIX S」を3月末に発売することを発表しました。

 

発売されるのは2機種で、高画素タイプのLUMIX S1Rが4,700万画素、LUMIX S1が2,400万画素の動画と静止画のハイブリッドモデルになるようです。

レンズのロードマップも発表されています。

まずは、標準、望遠ズームレンズ、50mmのF1.4の大口径単焦点レンズが発売されるようです。

レンズのイラストを見るとかなり大きそうですね。画質はかなり良いのではないかと思います。

しかし、フルサイズセンサーを生かそうとするとレンズの大型化は避けられないようです。

私は、フルサイズミラーレスを使っていましたが、全て手放して、マイクロフォーサーズに移行してしまいました。

大方の流れはフルサイズに向かっていますが、価格、サイズを考えるとマイクロフォーサーズのバランスの良さが見直されるのではないかと思います。

カメラシステム移行に関しては、また別の記事で取り上げたいと思います。

 

 

カメラ1年生  デジタル一眼カメラ編 (たのしいカメラ学校の教科書)
矢島直美
インプレス (2018-09-21)
売り上げランキング: 82,649
お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です