ハンドラップ使用時のビー玉によるかさ上げ効果を検証してみました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

カメラのレンズやイメージセンサーを清掃するのに無水エタノールを使用するのですが、その時にシルボン紙に少量のエタノールを染み込ませるのに「ハンドラップ」という容器があるととても便利です。

このような容器です。

こちらは、アズワン ハンドラップ 200です。

このような容器は吸い上げるための管が底から少し浮いていて、エタノールをある程度入れないと使うことができません。

そこで、ハンドラップの中にビー玉を入れて中の液体をかさ上げする方法をみなさん実施されています。

そこで、私もビー玉を買ってきてかさ上げすることにしました。

そこで気になったのが、ビー玉を入れることによってどれほどかさ上げできるかということです。

ハンドラップを横から見るとこのように中のくだが少し浮いています。

水を入れたハンドラップから水を抜いた状態で重さを測ると228.3グラムでした。

そこから水を入れてハンドラップで水を吸い上げて、残った水とハンドラップの重さを測ると254.8グラムでした。

計算すると26.5ccの水が吸い上げることができなくてハンドラップの中に残留していることがわかります。

少しわかりづらいですが、ハンドラップの下の方のみぞから下の部分に水が残っています。

近所の100円ショップでビー玉を買ってきました。ビー玉のサイズは2種類が混ざっていて、17mmのビー玉と12.5mmのビー玉が混ざっています。

アズワンのハンドラップはどちらのビー玉も入れることができます。

シンプルな色のビー玉です。

ビー玉を入れていくと水面が上がっていって、写真の位置まで上昇しました。黒いテープはビー玉を入れる前の水面の位置です。

ここから、水を吸い上げていってどれぐらいの水が出たかでかさ上げ効果の水の量を知ることができると思います。

ビー玉を入れた後の重さは405.9グラムでした。ここから水を抜いていくと・・

396.9グラムになりました。差し引き、9グラムですから、9ccの量をかさ上げできたことになります。

残留していた水の量26.5ccから9ccを引くとこの時点で約17.5ccの水が残留していることになります。

ビー玉の効果はそれほど大きくないような気がしますが、ビー玉を入れていて気づいたのはビー玉が大きいと隙間がその分大きくなって効果が少なくなるということです。

ですから、中に入れるビー玉は出来るだけ小さいものが良いと思います。

 

 

 

アズワン ハンドラップ 200 /1-4612-01
アズワン(As One)
売り上げランキング: 75
お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です