Mac mini 2018モデルは安いモデルでも高いパフォーマンスらしい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日発表された新型のMac miniですが、一番安いモデルは、CPUがクアッドコアなのですが、Core i3となっていて、どの程度の性能なのかが気になっていました。

Geekbenchで新型Mac miniのベースモデルのCPU Intel Core i3-8100のベンチマークが公開されています。

シングルコアのスコアが4378 マルチコアが12534となっています。

この数値を自分が今使っているマシンと比較すると、Macbook Pro 13インチ Retina Early 2015なのですが、ベンチマークはシングルコアのスコアが3740 マルチコアが7231でした。

Mac mini の2018モデルの最下位のモデルはCore i3といえど、クアッドコアであり、最新のCPUなので性能は高くなっているようですね。

メモリも先代のMac mini 2014年モデルは自分で交換することはできませんでした。

しかし、
Mac専門店秋葉館 @akibakan_macによると、ユーザーが自分でメモリを交換することも可能らしいです。

Macを主に家で使っている方には魅力的な選択肢と言えそうですね。

MacBook仕事術!  2019 (Mojave対応・最新版!)
河本亮 小暮ひさのり 小原裕太
standards (2018-10-04)
売り上げランキング: 12,541
お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です