AppleよりディスプレイがRetina化された新型Macbook Airが発表されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

先日のAppleの発表会で、新型iPad Pro、新型Mac Miniと共に、新型のMacbook Airが発表されました。

Macbookが軽量であり、ディスプレイもRetinaになっているので、Macbook Airは無くなるのかと思っていましたが、新型が出ましたね。

筐体はくさび形のMacbook Airの形はそのままに、ディスプレイがRetinaになりました。さらに、ディスプレイの縁の部分が細くなり、ボディサイズが小さくなりました。

ディスプレイサイズは13.3インチとなっており、さらに色域も広がっているようです。

新たにTouch IDが搭載されています。Macbook proに搭載されているTouch Barは搭載されていません。

Touch Barに関しては賛否両論がありますし、付いていても使っていないという方もおられるようなので、使用頻度が高いTouch IDのみが付いているのは歓迎されるのではないかと思います。

キーボードはバタフライ構造のキーボードとなっており、LEDのバックライトキーも付いています。

トラックパッドは感圧式のトラックパッドとなっており、マルチタッチのジェスチャーが使える面積が広くなっているようです。

本体の重さは1.25Kgとなっていて、Macbookよりは重いですが、Macbook Proより軽量になっています。

CPUは第8世代のCore i5となっています。バッテリー駆動は最大12時間となっています。

価格は最小構成のモデル、メモリが8GBで、ストレージが128GBモデルの場合、税別で134,800円となっています。

Macbookが最小構成の場合142,800円からとなっていますので、Retinaディスプレイを搭載したノートタイプのMacの中では一番安いモデルとなりました。

ただし、Macbook Proも最小構成モデルが142,800円から購入でき、重さも120グラム重いだけなので、この差であれば、Macbook Proを選ぶ方も多いかもしれません。

また、本当に軽さを求める方はMacbookの重さが0.92kgとかなり軽くなっているので、ディスプレイの大きさが小さいのが我慢できるのであればMacbookの方を選択するのではないかと思います。

私としては、ちょっと中途半端なモデルという印象を持ちました。

でも実際に見たわけではないので、実物を見るとまた印象が変わるかもしれません。

 

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です