Appleから全く新しいiPad Proが発表されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

昨日、Appleの発表会があり、これまでの予想通り全く新しいiPad Proが発表されました。

新しいiPad Proは2018年11月7日発売です。

画面サイズは11インチと12.9インチとなりました。

ボディサイズは11インチは先代モデルの10.5インチとほぼ同じサイズとなっています。その分、縁の部分が狭くなって画面が大きくなっています。

12.9インチiPad Proは先代モデルよりもコンパクトになっているようです。

筐体デザインも大きく変わり、エッジが効いたデザインとなっています。縁の部分がiPhone SEのような感じになっています。

ストレージは、先代モデルは最大サイズが512GBでしたが、新モデルは何と1TBモデルが登場しました。

2019年より、フルスペックのPhotoshopがiPadで使用できるので、それに合わせてストレージが拡大されたのではないかと思います。

外出先でもフォトレタッチ作業が捗りそうです。

iPad Pro 11インチは10.5インチモデルと比べると重さは468グラムとわずか1グラムだけ軽くなっています。(wi-fiモデルでの比較)

厚さは、5.9mmと10.5インチモデルと比べると0.2mmだけ薄くなっているようです。

今回のモデルは、iPhone Xのようにホームボタンがなくなりました。

Face IDが搭載されています。

カメラは12メガピクセルと解像度は変わらないようです。

しかし、ソフトウェア的な変更があるかもしれないので、どの程度進化しているか関心があるところです。

さらに、新しいiPad ProはコネクタがLightningコネクタからUSB-Cコネクタに変更となりました。

デジカメも直接、接続できるようです。

かなり、フォトグラファーを意識した仕様となっています。

コネクタがUSB-Cになったら、Apple Pencilはどうなるのかと思っていましたが、やはり新型のApple Pencilが発表されました。

第二世代のApple Pencilとなっていて、初代モデルはLightning端子で充電するようになっていましたが、今回のモデルは、磁石で新型iPad Proにくっつくようになっていて、その状態で充電できるようになっています。

さらに、人差し指でペンシルをダブルタップすると、ブラシのサイズやモードを切り替えることができるようになっています。

また、ツールに合わせてカスタマイズもできるようで、ペンで絵を描く方にはかなり効率が良くなりそうです。

第2世代のApple Pencilは新型のiPad Proに対応しており、旧世代のiPad Proには対応していないようです。

私は去年の6月よりiPad Pro10.5インチ256GBモデルを使用しています。

iPad Pro 10.5インチを注文しました。

購入当時の価格は税込で87,264円でした。

同じストレージサイズのiPad Pro 11インチの場合、256GBの場合、価格は106,800円で、税込みの場合115,344円と28,080円高くなっています。

3万円も高くなっているので、今回のモデルに買い換えるのは見送ろうと思っています。

でも、実物がとても気になるので、発売されたら見てみたいですね。

 

 

iPad 超活用術2019 (エイムック 4094)
エイ出版社
売り上げランキング: 15,590
お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です