Panasonicからもフルサイズミラーレスカメラが発売されます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ドイツでカメラの展示会フォトキナが開催されていますが、そこでPanasonicがフルサイズのミラーレスカメラを発表しました。

発表されたフルサイズミラーレスカメラは2機種で、「LUMIX S1R」は4700万画素の高画素機で、もう一つは「LUMIX S1」で、2400万画素となっています。

どちらも新しいマウント「Lマウント」を搭載しています。

「Lマウント」はライカ、パナソニック、シグマの3社によって協業される「Lマウントアライアンス」のマウントとなっており、3社で互換性のあるレンズが作られるようです。

パナソニックからは今回3本のレンズが発表されています。

50mm f1.4
24-105mm
70-200mm

の3本です。とりあえずこれだけあればかなりのシチュエーションで撮影ができそうです。

ニコン、キャノンに続いてパナソニックからもフルサイズミラーレス機が発表されました。

それぞれがどのような発展をしていくのか楽しみですね。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です