ニコンからフルサイズミラーレスカメラ、「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」が発表されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

かねてから噂があったニコンのフルサイズミラーレスカメラ、「ニコン Z 7」「ニコン Z 6」が今日発表されました。

「ニコン Z 7」は有効画素数4575万画素と高画素タイプとなっています。

価格はボディのみで44万円前後になるようです。

SONYのα7RⅢに相当するボディとなるようです。α7RⅢより少し高画素になっています。

α7RⅢが現在28万円なので、ニコンのZ7の方が16万円前後高くなります。

ニコンは口径が大きい新しいマウントを採用しているので、レンズの性能込みで今後のラインナップ拡大を見越して購入することに魅力を感じる方も多いかもしれません。

しかし、ニコンの同時に発表されたレンズは高価なので、レンズを含めるとかなり高額になってしまいます。

価格面ではフルサイズミラーレスで先行しているSONYが有利だと言えそうです。

同時に発表されたニコンの「Z6」は撮像素子が2,450万画素となっています。

こちらはSONYのα7Ⅲと同じクラスのフルサイズミラーレスとなります。

Z6はボディのみで27万円前後となるようです。

α7Ⅲが現在22万円ほどなので、こちらのモデルもSONYより5万円ほど高くなります。

しかし、マウントアダプターで旧ニッコールレンズが使えるのでニコンのレンズ資産を持つ方には魅力的なモデルとなるのではないかと思います。

いずれのモデルにしても価格面で初心者が手を出すにはかなりの勇気と資産が必要なモデルとなっています。

機能面に関しては後発だけによく考えられている部分があるようで、今後の使用レビューなどが楽しみです。

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です