iPhone5Sのバッテリーを交換しました。危険!バッテリー交換中に火花が出た!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

バッテリーが消耗して1日使用するにも充電が必要なほど消耗していたので、自分で交換することにしました。

※今回、バッテリー交換中に純正バッテリーから火花が出ました。外すときにバッテリーを曲げすぎたのが原因です。危険が伴うのでバッテリー交換は自己責任で、十分注意して行う必要があります。

バッテリーはヤフオクで、国内で販売している業者のものを落札しました。工具もセットになっているものです。

まず、忘れずにSIMカードを外します。

ライトニング端子の両側にあるトルクスネジを外します。

吸盤で画面を持ち上げます。この時、ホームボタンのケーブルが繋がっているので、引っ張りすぎて損傷しないよう気をつける必要があります。

ホームボタンのケーブルを外します。

液晶に繋がっているケーブルをカバーしている部品の4本の+ネジを外します。

ケーブルを外しました。

バッテリーのケーブルが刺さっている端子のカバーの+ネジ2本を外します。

バッテリーの端子のカバーが外れました。

バッテリーのケーブルを本体から外します。

バッテリーを本体から外すのですが、両面テープがしっかりとついているのでかなり苦労しました。

ここまでバッテリーを曲げるとかなり危険です!

2回ほどバッテリーから火花が出ました!

根気よく、ヘラのようなものを差し込んで極力バッテリーを曲げずに外すべきでした。

なんとかバッテリーが外れました。

両面テープを綺麗に剥がします。

バッテリー、両面テープを剥がしたところ。

iPhone5sのボディがアルミを削り出して作成されたことがよく解ります。

取り付ける新しいバッテリー。両面テープで固定しました。

あとは外した順番に組み立てるだけです。

液晶をはめ込む前に念のため動作確認しました。

 

交換前のバッテリーの状態。

 

交換後のバッテリーの状態。

バッテリーの持ちがだいぶよくなりました。

今回、バッテリーの交換で一番苦労したのが純正バッテリーの取り外しでした。

火花が出た時はかなり焦りました。

リチウムイオンバッテリーは取り扱いに気をつけないと、本当に爆発しかねないものだと身をもって体験できました。

バッテリーの交換は危険が伴うということを認識して、自己責任でお願いします。

 

 

 

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です