「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11」の新ファームウェアが公開されています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

SIGMAのCanon EFマウント及び、SAマウントのレンズをα7シリーズなどのEマウントに変換するマウントアダプター「SIGMA MOUNT CONVERTER MC-11」の新しいファームウェアが公開されています。

今回のファームウェアのアップデートでSIGMAの新しいレンズに対応したり、また、レンズファームウェアへの対応や画面周辺部でのAFおよび、瞳AFでのAF追随性の向上や非対応レンズでの動作向上も含まれているとのこと。

本来ならば、SIGMAのレンズが対象のマウントアダプターではありますが、CanonのEFレンズも動作するものもあり、既存のレンズを生かして、SONYのαシリーズを試してみたい方にマストなマウントアダプターとなっています。

これまでは動作しなかったレンズも動くようになっているかもしれないので、レンズ資産のある方は試してみる価値があると思います。

特に、SONYのFEマウントの望遠レンズは純正品が高めな上に種類が少ないので、EFマウンントのCanonレンズが仕えるなら価格などの点で重宝するのではないかと思います。

詳しくはSIGMAのサイト

https://www.sigma-photo.co.jp/new/2018/03/07/2162/

をご覧ください。

 

 

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です