フィットネストラッカーアプリ「Strava」のヒートマップを見て気づいたこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 22

GIGAZINEのサイトで

フィットネストラッカーアプリ「Strava」が秘密のアメリカ軍基地の所在地を浮き彫りにする事態が発生

というニュースがありました。

Stravaの「Heatmap」ヒートマップはStravaの利用者が移動した所を地図上に表示して、どのルートがよく利用されているのか視覚的に見ることができるマップです。

下記サイトで見ることができます。

https://labs.strava.com/heatmap/

このマップが図らずしも米軍の秘密基地を明らかにしてしまったようです。

日本付近を表示させてみました。

さすがに北朝鮮はほとんど利用されていないようです。

韓国の光り方がすごいです。韓国人はstravaが好きなのでしょうか?

住んでいるところの近くを表示させてみて気づいたのですが、陸上だけでなく、海の上もStravaの軌跡が表示されている所があります。

漁船などで利用している方がおられるのかもしれませんが、最近はSUPなどが流行しているので、SUPトレーニングの時にStravaを利用して運動量を測定しているのかもしれないと思いました。

また、シーカヤックやカヌーで利用している人もいるかもしれません。

Stravaというとロードバイクやジョギング、ウォーキングでの利用が思い浮かびますが、意外と海上アクティビティにも使えるのかなと思いました。

 

 

お勧め記事とスポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です